マンションを買い替えたら確定申告が必要?税金はかかる?

マンションを買い替えたら確定申告が必要?税金はかかる?

マンションを買い替えたら確定申告が必要?税金はかかる?

 

マンションの買い替えるときは少しでも高く売却をして利益を出したいと思いますよね。

 

高く売れて住宅ローンの残債が完済出来たり、逆に手残りが発生したときは次の物件を購入する時の頭金として使えますし、子供の将来の為に貯金をする事も可能です。

 

ですが、マンションを買い替えたら税金がかかる事はご存知ですか?

 

ここではマンションの売却による確定申告と税金についてご紹介いたします。

マンションを売却したら確定申告が必要?

 

マンションの売却で得た利益は譲渡益として確定申告が必要です。

 

不動産の売買を行うと登記情報が税務署に届く仕組みとなっているので、必ず申告をしなければなりません。

 

マンション売却による税金は譲渡所得にたいしてかかってきます。

 

この譲渡所得の計算は以下の方法で導き出します。

 

譲渡所得=売却価格―(購入価格+取得費+譲渡費用)

 

取得費とは、今の自宅を購入した時にかかった諸費用を意味します。

 

譲渡費用とは今回の売却でかかった諸費用を意味します。

 

この譲渡所得の金額によって税金がかかってきます。

 

ただし、マイホームの売却の場合、この譲渡所得が3000万円を超えない限り税金がかかる事はありません。

 

一般的な売却の場合は、購入時と売却時の価格差が3000万円以上もかかる事はあまりないので、実際には税金がかかる事は稀です。

マンションの売却で損失が出たとしても確定申告をするべき?

 

ではマンションの売却で損失が出た時も確定申告が必要なのでしょうか?

 

当サイトでは、確定申告をする事をおすすめしています。

 

理由としては、この損失を他の所得と損益通算する事ができるからです。

 

損益通算とは、土地建物の売却によって生じた譲渡損失を、他の事業所得や給与所得から差し引く事を言います。

 

譲渡損失は3年にわたって繰り返し損益通算を行う事が出来るので、所得税を大幅に減税して税金の還付を受ける事が可能です。

 

不動産の売却時に損失が出たとしても、この損益通算によって税金を取り戻す事ができるので損失額を最小限に抑える事も可能なのです。

 

マンションを買い替えたら確定申告が必要?税金はかかる?|まとめ

 

不動産の売却を行った場合は、税務署にその履歴が送られる為、確定申告をする必要があります。

 

利益が出ている状態で申告をしないと、通知書が届くほか、脱税にもなりかねませんのでご注意ください。

 

また、損失が生じた場合も確定申告をする事をおすすめしています。

 

売却によって生じた損失分は、譲渡損失として最大で3年間の損益通算を行う事が可能です。

 

これにより、給与所得などの所得から損失分を差し引く事が可能で、払いすぎた税金を還付してもらう事が可能になります。

 

マンションの買い替え時に生じた損失を最小限にする為にも、確定申告をする事をおすすめしますよ。

関連ページ

買い替え費用について
マンションを買い替える時の相場はいくらほどかかるのでしょうか?売却価格に目が行きがちですが、諸経費もかなり高額な費用となる場合もあります。返済計画が狂った!などの事がないように十分注意してください。
買い替えの時期
マンションの買い替えはシーズンによって成功しやすい時期と失敗しやすい時期があります。ベストなタイミングでマンションの売却ができれば、住み替え先の頭金として使えますし、住宅ローンの残債も減らせる事ができます。ぜひ満足のいく住み替えを実現させてください。
買い替えのメリットデメリット
マンションの買い替えは手間もかかりますし、住宅ローンが残っているのにわざわざ住み替える必要があるのか疑問に思ってしまいますよね。ですが、デメリット以外にも家族の将来や子供の成長を左右するメリットがマンションの買い替えには隠されています。ぜひ参考にしてみて下さい。
買い替えで失敗しない方法
マンションの買い替えを行う時に、失敗をしてしまう方にはある共通点があります。このポイントを押さえたうえで、成功をするための注意点をご紹介いたします。マンションの売却によって数百万円の損をしてしまう方や老後破産をしてしまう方もいるので、ぜひご確認ください。
賃貸と売却どっちがお得?
マンションの買い替えと賃貸ではどちらが得なのか?永遠のテーマでもあります。税金の問題や維持管理の問題、売却するなら住宅ローンの残債以上の価格で売れるのか?総合的に判断をして初めて、どちらがお得か決める事が出来ます。